現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

  • 唐津焼ブログ
  • 唐津焼の種類と説明
  • 唐津焼窯元紹介
  • 唐津焼陶芸体験・絵付け体験
  • フォトアルバム
  • 当サイトについて
  • 送料について
  • お支払い方法
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • おすすめリンク集

ログイン

唐津焼の種類と説明

絵唐津(えがらつ)

絵唐津(えからつ)見本写真

唐津焼のなかでも一番数が多く存在し、また、唐津焼を代表する種類でもある。
素地に鉄分(鬼板)を含んだ絵具で紋様を描き(下絵)、長石釉や木灰釉をかけて焼いたもの。
絵の紋様は草、木、花、鳥、人物など多様である。




斑唐津(まだらがらつ)

斑唐津(まだらからつ)見本写真

長石釉にわら灰、木灰などを混ぜた釉薬をかけて焼くと、表面に青や黒の斑点ができやすいところから名付けられた。




朝鮮唐津(ちょうせんがらつ)

朝鮮唐津(ちょうせんからつ)見本写真

鉄釉(鉄分を含んだ釉薬、黒釉や飴釉)と斑釉の二種類の釉薬を使い、高温で焼き、自然に溶け合う釉により景色を表現したもの。
一般的には、鉄釉を下にかけ、わら灰釉を上から流したものが多いが、逆にかける場合もある。




粉引唐津(こひきがらつ)

粉引唐津(こひきからつ)見本写真

褐色の粘土を使い、素地がまだ生乾きの時に白色の化粧土をかけ、長石釉や木灰釉をかけて焼いたもの。
化粧土の上から絵を付けたものもある(絵粉引)




三島唐津(みしまがらつ)

三島唐津(みしまからつ)見本写真

成形後、素地がまだ生乾きのうちに印花、線彫、雲鶴などの紋様を施し、化粧土を塗った後削り、拭き取り仕上げをし、長石釉や木灰釉をかけて焼いたもの。




黒唐津(くろがらつ)

黒唐津(くろからつ)見本写真

黒釉(鉄分を多く含んだ木灰釉)をかけて焼いたもの。
鉄分の量や成分により、黒・飴・柿色などに発色する。




蛇蝎唐津(じゃかつがらつ)

蛇蝎唐津(じゃかつからつ)見本写真

黒唐津の一種。 黒釉の上に長石釉をかけて焼いたもの。
長石釉の下から黒釉が出て、表面が蛇やトカゲの肌に似るとこころから名付けられた。




青唐津・黄唐津(あおがらつ・きがらつ)

青唐津(あおからつ)見本写真

木灰釉をかけて焼いたもの。
釉薬や素地に含まれる鉄分が、還元焔では青く発色して青唐津に、酸化焔では黄褐色に発色して黄唐津になる。
(写真は青唐津)




彫唐津(ほりがらつ)

彫唐津(ほりからつ)見本写真

成形後、素地がまだ生乾きのうちに竹ベラや櫛などで紋様を彫り、長石釉や斑釉等をかけて焼いたもの。
紋様は幾何学的で単純なものが多い。




無地唐津(むじがらつ)

無地唐津(むじからつ)見本写真

長石釉や土灰釉を素地にかけ、釉たまりを作って景色を表したものが多い。
無地唐津は商品名称に「無地」と含まれない場合もある。




刷毛目唐津(はけめがらつ)

刷毛目唐津(はけめからつ)見本写真

色土の素地に白化粧土を刷毛で塗ったもの。
その際刷毛の跡が残り、様々な景色が出る。




その他の唐津焼解説

二彩唐津、櫛目唐津、献上唐津など、その色、景色、系統などによって名付けられたものがある。

このページのTOPへ
Copyright © 1998-2017 唐津焼ドットコム All rights reserved.